中島地域で”つどい”開く

中島地域の後援会のみなさんが、すます伸子を囲む集いを開催して下さいました。
私はパワーポイントを使って、安倍内閣の暴走にどう立ち向かうか、日本共産党の立場と政策を訴えました。住寄市議の事務所で、ご近所の方が集まって熱心に話を聞いていただきました。

s-DSC_0154


さよなら原発倉敷金曜アクション100回目を迎えました。

一昨年7月から始めた「さよなら原発倉敷金曜アクション」が100回目を迎えました。雨の日も風の日も、寒い日も暑い日も毎週欠かさず、原発をなくせと訴えて来られたみなさんの努力に敬意を評します。 image 100回目という事で50人を超える方が参加されました。 私も、原発のない社会をと訴えました。 imageimage


連島地域で”すます伸子”を囲む会を開いていただきました

今日は、連島地域の共産党後援会が”すます伸子”を囲む会を開いて下さいました。この会には、日曜日のお忙しい中にも関わらず、21名の方が参加してくださいました。
最初に、田辺昭夫市議が6月市議会での「倉敷駅鉄道高架」をめぐる論戦を紹介。このたび県が発表した事業縮小案では、除去できるとしていた9つの踏切のうち、6つは除去できなくなり、都市計画道路も通行不可能になるなど、事業が成り立たないものになっていると報告。「こんな無駄遣いは直ちにやめるべきだ」と訴えました。
IMG_4292
私は、パワーポイント使って、主に安倍内閣が進めている危険な政治の実態を報告。消費税増税、集団的自衛権の容認、社会保障の改悪など、大企業と金持ち優遇の政治から国民本位の政治に切り替えなければならないと話しました。
IMG_4293

IMG_4303
参加者からは、「今日は知らないことをたくさん聞けてよかった。もっといろんな人にも参加してもらえるように、小集会をどんどん開きたい」「ぜひ県議会に行って私たちの声を県政に届けてほしい」とたくさんの激励をいただきました。この声に応えていっそう頑張らなければと感じた集会でした。
IMG_4336


今日からスタート 水島連日夕方宣伝

CIMG2357

「集団的自衛権行使許すな」「憲法九条をまもれ」と夕方のラッシュ時に、水島春日町交差点で訴えました。
なんと、水島後援会は、今日から夕方に連日街頭宣伝をすることを決め、何としても「安倍政権の暴走ストップ」「平和憲法を守ろう」決起しています。
私も初日ということで参加させていただきました。


「戦争する国づくり」やめて 児島宣伝

児島宣伝20140525-2

児島宣伝20140525-1

毎月児島後援会が実施している宣伝に参加しました。
この日は「集団的自衛権」の行使の是非について問うたシール投票や憲法を守ろうという署名活動をしました。
シール投票では、「何があっても戦争だけはよくない。」「安倍さんはどうにかなっていいるのか。怖さを感じる」「中国もよくないと思うけど、何とか仲良くできるように努力してほしい。」「アメリカに気がねする気持ちはわかるけど、戦争にに巻き込まれるのは反対です。」など、思った以上に、集団的自衛権への関心の高さと、不安を感じている方が多いことに、驚きました。


「すます伸子を囲む会」玉島後援会

CIMG2333

CIMG2338

CIMG2335

 5/31日本共産党玉島後援会の皆さんが、すます伸子を囲む会を開催してくださいました。大本良子元倉敷市議から「県政と市政は深いかかわりがあり、日本共産党の県議が倉敷市にこそ必要だ」と開会のご挨拶がありました。続いて、日本共産党倉敷地区委員長の垣内雄一さんが県政の情勢の話があり、私がその後、サーフェスを活用したパワーポイントを使って、県議選の争点と政策のお話をさせていただきました。
 その後、憲法をまもるQちゃんの着ぐるみが出てきて、「秘密保護法」をわかりやすく楽しく解説してくれる紙芝居やクイズがあったり、毎週「さよなら原発」倉敷駅前集会で路上ライブをしている二人組が、素敵な歌声を聞かせてくれたり、手作りのおやつが出てきたりと盛りだくさんの企画で、玉島後援会の県議選に向けての意気込みを感じる集会となりました。
私自身がとても励まされ、暑い夏が始まりますが、県議選必勝に向けて全力挙げたいと決意を新たにしました。


倉敷駅鉄道高架事業計画の中止署名を岡山県へ提出

IMG_4113-2JR倉敷駅付近連続立体交差事業の中止を求める伊原木知事あての署名を岡山県の担当である都市計画室へ提出しました。岡山県は、4月15日JR西日本に委託して行ったコスト縮減や工法変更についての検討結果を発表しました。当日、その検討内容の説明も受けました。しかし、この検討では、通行できない踏切が四カ所、都市計画道も通行困難になる計画で、実施不可能な計画となっていることがわかりました。今まで通れていた踏切が、通行困難になる、かえって不便になると言うとんでもないものです。倉敷駅週への鉄道高架事業を、何のためにするのかもはやわからなくなっています。県がめざした、コスト縮減はできても、それ以上に便益が下がってしまっては、費用対効果があがることは考えられないと思います。今回の発表で見えてきたのは、どんなに検討しても、費用対効果をあげることは難しく、無駄遣いの事業であることが改めてよくわかったと言うことです。この事業は、中止しかありません。


日本共産党 岡山県議