委員会視察で、北海道へ

2016.7.27北海道視察1

2016.7.28北海道視察3

2016.7.28北海道視察4

2016.7.28北海道視察5

2016.7.28北海道視察6jpg

7月27日から委員会視察のため、北海道へ行きました。
 北海道はとにかくどしゃ降りのなか視察研修しました。
27日は、太陽光発電メガソーラーと、風力と太陽光の再生エネルギーを蓄電し調整している最新の研究施設を見学しました。太陽光発電の容量が増えていくので、電力をためて、調節するのが実はとても大変なことがわかりました。でもこれから再生エネルギーをもっとふやすためにはとても大切な施設であることがわかりました。

 28日は、小樽市の高齢者懇談会「杜のつどい」という高齢者生きがいづくりをするため主体的な活動をしている施設を見ました。ボランティア運営でたくさんの講座を実施されています。認知症予防脳力アップ教室や後見人養成講座など活発です。会長さんのお話で、雪国では、一人で雪掻きができなくなったら、移住しかない、暮らせなくなるのです。過酷な冬を過ごせなくなるまではみんなで元気にいようと頑張っています。ということでした。

午後からは、中学生、高校生まで集う児童館の取り組みを、石狩市に見に行きました。赤ちゃんから高校生まで元気に遊んでいる広くて明るい児童館です。子どもが主体に運営やお祭りのをするようにご苦労されているということでした。
子どもが決めた目標は「イヤなことを忘れるくらい思いっきりあそぼう」ということでした。いいです。


地球温暖化防止対策懇談会

2016.7.22温暖化防止対策懇談会1

2016.7.22温暖化防止対策懇談会2
 7月22日に地球温暖化防止対策懇談会を、日本共産党岡山県議団と水島地域環境再生財団の主催でおこないました。
 地球温暖化防止対策は、生活を豊かに、地域経済を豊かにするというお二人のお話に、目から鱗がいっぱい落ちました。省エネはがまんみたいな概念がありました。間違ってました。楽しく明るい豊かな再生エネ社会をつくりたい❗


視察2日目、矢掛町、高梁市へ

2016.7.21矢掛視察2

2016.7.21矢掛視察3

2016.7.21高梁市視察1

7月21日、視察二日目、まず矢掛町の宿場町のなかで、古民家再生事業で見事なまち起こしを進めている取り組みを視察しました。やかげ町交流館や矢掛屋という、食事と宿と温泉が備わった古民家を利用した施設が昨年度国の補助をうけて開設されています。
家族で泊まりに来たくなりました。

昼からは高梁市にある、精神科病院「たいようの丘」ホスピタルの認知症の取り組みについて視察しました。この施設は岡山県認知症疾患医療センターに指定されています。
高梁市はすでに三人に一人が高齢者であり、精神科としてこれまでは認知症患者にとってよい環境をつくれてこなかったために、症状が悪くなる人もいたとして、認知症専門の病棟をつくり、スタッフの研修を重ねてきたこと、さらに地域に出前講座にでかけて啓蒙活動を行ったりと積極的に取り組まれている経験をお聞きしました。
特に、認知症病棟に行って驚いたのが、予想に反して、とても病棟がきれいで、患者さんは誰一人としてベットに寝ている人がおられず、みんな広場で座って好きなことをされておられたことです。家庭でてに負えなくなって入院されてこられるのになぜこんなに落ち着いているのか?
副医院長先生のお話では、スタッフのレベルをどれだけあげられるかて決まります。
人で不足ですか、量より質の確保が大切なことです。と言われていたのが印象的てをした。質の確保ということは当たり前なのですが、とても大切で新鮮に受け止め、県としても取り組めることがあるのではないかと感じました


委員会の視察で、里庄町、尾道市へ

2016.7.20尾道視察2016.7.20里庄町視察2016.7.20尾道視察22016.7.20尾道視察3

7月20日は、私が所属する環境文化保健福祉常任委員会の視察研修でした。
まず、里庄町にある扶桑薬品工場にきました。透析の治療に欠かせない透析液キンダリーで有名で全国シェア50%を越える、優良企業です。
大災害のときでも、透析の製剤を被災地に安定供給できるように体制や輸送ルートを考えているそうで、工場の場所も岩盤の固い災害の少ないところということで里庄町にこられたそうです。

昼食は尾道ラーメンを食べて、尾道の海と坂を見ました。

昼からは、尾道市立の総合医療センター公立みつぎ総合病院に来ました。有名な山口昇医師が唱えられた「寝たきりゼロ」の取り組みから始まり、なんと、町と協力し保健師を9人も配置して保健活動をしていたり、包括ケアシステムを早くから実践している施設でした。印象的だったのは、医院長先生の説明で、包括ケアは、住民本意で進めなくては成功しないということばです。
文字通り、すべての施設が総合的そろって充実していて、内容も素晴らしいものでした。
しかも公立で、黒字で、医療、介護のすべての施設を運営されています。ビックリです。


三菱自動車工業本社に要請

三菱本社要請5月25日 三菱自動車本社に、岡山の地元の声を届け、責任追及と解決を求める要請に来ました。
大平喜信衆議院議員、真島省三衆議院議員、春名なおあき比例予定候補、氏平県議、末田倉敷市議、田辺マミ倉敷地区女性部長、難波総社市議、大平室長の遠藤さんとともに、交渉しました。
三菱自動車は、下請け業者の一次だけでなく、二次、三次まで、損害補償をしていくつもりであることを明らかにしました。
ただし、生産再開後、損害願が確定できるのでそれまではまって欲しいとのことでした。それでは、下請け業者にとっては不安はぬぐえない、損失すべてを保証する確証くださいと詰め寄りました。保証のガイドラインを作成し下請けに示せるようにしたいと確約をとりました。
大きな成果だと思います。
岡山県が六億円以上の税金で雇用調整助成金などの補填をすることについて、三菱が本来払うべきものでもはないか?と詰めましたが、岡山県知事からは何も言われていないので、岡山県と話し合っていきたいと、まったく知事は三菱自動車本社まで行って何をしてきたのか?と疑問が残ります。
下請け業者と労働者の苦しみを正面に受け止めて反省できなければ、三菱の再生はないと感じました。


日本共産党 岡山県議