県議会政務調査費 全領収書公開へ条例可決

 岡山県議会は12月19日、政務活動費の支出に関する全ての領収書を公開する条例改正案を全会一致で可決しました。岡山県は全国の都道府県議会で唯一、領収書の提出義務を、1万円超の支出に限っていました。改正案は政務活動費の支出について、収支報告書に添付する領収書を「1万円を越えるものに限る」とした条文を削除し、来年4月から全ての領収書の添付を義務付けました。

県議会で、政務活動費の全領収書を開示する条例改正案は、いまの県議の任期中も過去4回提出され、いずれも自民党の反対で否決されてきました。今年の9月定例議会でも、日本共産党など自民党以外の会派が共同で提案した改正案を、自民党県議団が反対し、否決(10月3日)していました。

しかし、市民団体が起こした訴訟で最高裁が月、条例に定めのない1万円以下の支出についても領収書を公開するよう命じる判決をし、自民党も方針を転換したものです。

日本共産党岡山県議団(森脇ひさき団長)は、2001年の政務調査費(現政務活動費)条例施行以来、全ての領収書を自主的に公開してきました。 氏平みほ子党県議は同日の討論で、「公表への改善は当然」とのべ、「透明性をさらに高めるべきだ」として、会計帳簿や視察報告などの証拠書類の公開についても、条例で義務付けることなどを求めました。

 兵庫県の「号泣県議」が政務活動費の不正で不信をかうなど、政治とカネの問題で議員の在り方が問われているときに、岡山県自民党県議団がやっと、政務活動費の領収書全面公開にふみきりました。とてもおそ過ぎる決断だとは思いますが、それでも、これから、このことを機会に議会改革が進み、行政のチェック機能をはたす活発な議会となるように、期待したいと思います。


大平よしのぶ新衆議院議員とともに

c0349386_22212391

c0349386_22211233

 総選挙で、比例中国ブロックの議席を見事奪還した大平よしのぶ新衆議院議員が、22日倉敷市へ挨拶に来られました。
さっそく、市内四か所で宣伝や集会を開きました。どこの場所でも、「共産党が伸びてくれてうれしい。期待しているよ。必ず安倍の暴走止めて、消費税はストップさせて。」と次々に声がかかりました。久々の国政選挙での日本共産党の躍進で、支持者の皆さんがこんなにも喜んでいただいていることに感動したし、やっぱり勝つのは気持ちいいと思いました。
 次は、私が躍進の波を引き継いで、頑張りますと訴えると、大きな拍手をいただき、私もさらに元気をいただきました。


日本共産党大躍進

 日本共産党はこの衆議院選挙で、比例代表で20議席、小選挙区で沖縄1区で勝利し、現有8議席から一気に21議席へと大躍進しました。
悲願の中国ブロックの議席も取り戻しました。
 このたび、私は、四区選挙区候補の垣内雄一選対本部長としてひたすら裏方をしていましたが、本当に嬉しい結果で疲れも吹き飛びました。
 
 ところで、今回の選挙結果を見て、一般の新聞では、「自民圧勝」と評価する向きもありますが、これは、事実と異なります。自民党は公示前の議席を減らしています。比例代表の自民党の得票率は33%にとどまっています。自民党が議席で多数を占めたのは、大政党有利に民意をゆがめる小選挙区制によるものではないでしょうか。さらに「自民圧勝」で、「集団的自衛権に信任」などと報道するマスコミ報道に驚きました。安倍自公政権が今回の結果を持って、国民からあらゆる問題で、白紙委任をもらえたと考えるのは大きな間違いです。安倍政権にもっとも厳しく対決している日本共産党の躍進に示された民意を無視することは絶対にできないと思います。
 これから、国政の場で、安倍政権と対決し対案示し共同する大きな国会議員団の活躍が楽しみです。

そして、私も、県政刷新に向けて、来春の県議選に向けてがんばらなくてはと、気持ちも新たにしています。
 
 


子どもの医療費無料化の拡充を求め署名提出

今日は、「子どもの医療費無料化の拡充を求める倉敷の会」が12,301筆の署名を持って、倉敷市に要請行動を行いました。倉敷市では小学校卒業まで入院も通院も無料化になっていますが、県内ほとんどの市町村が中学校卒業まで無料になっています。今日は子どもを抱えたお母さん方一人一人から「子育てするなら倉敷での市長公約をしっかり守ってほしい」「障がいのある子どもを抱えていて、中学校になったら医療費の負担が心配」「倉敷だけが、小学校卒業までというのは悲しい。ぜひ拡充して」など声が出されました。市を代表して応対した北山保険福祉局参与は、「署名に込められた皆さんの思いはしっかりと市長に伝えます。倉敷市としては現在どのように進めるか検討中で、決して後ろ向きでではありません」と答えました。
私は、「この問題は予算があるとかないとかの話ではありません。安心して子育ができる環境を倉敷市が作る意思があるかどうかです」と拡充を訴えました。
image

image

image


さあ総選挙!党と後援会の決起集会開く

衆議院が解散し、12月2日公示14日投票で、いよいよ総選挙が行われます。
前回の総選挙では、私が候補者でしたが、今回は4区は垣内雄一地区委員長が立候補します。私は選対本部長を務めます。
ここ10年来、衆議院の中国ブロックの議席がありません。昨年の都議選、参議院選挙の躍進の流れを引き継ぎ、国民に政策を訴えきることができるならば、必ず、比例代表候補の大平よしのぶさんを国会へ送ることができます。
今日は、急きょですが倉敷地区の党と後援会の決起集会を行いました。会場いっぱいの方が集まってくださいました。私は開会あいさつを行い、県委員長の情勢報告、垣内雄一候補の決意表明、田辺市議の行動提起とがんばろうで締めくくりました。総選挙総理にむけての一大決起の場になったと思います。短期間の闘いですが、私も全力を尽くします。

IMG_0564
FullSizeRender (3)
IMG_0583


建交労のみなさんへ挨拶。女性後援会の街頭演説

午後からは、建交労のみなさんの職場にお邪魔して挨拶をさせていただきました。
その後、末田正彦市議、赤坂前県議とともに児島地域で街頭演説。「いよいよ解散総選挙。安倍内閣の暴走をストップさせるためにも日本共産党を何としても躍進させて下さい」と訴えました。たまたま通りかかった男性が「共産党頑張れ!」と大きな声で激励してくださいました。

CIMG2821 (5)CIMG2836 (5)


帯江地域で小集会

帯江地域の日本共産党後援会のみなさんが、すます伸子を囲む小集会を開催して下さいました。安倍内閣が追い込まれて解散が急浮上した情勢や県政の問題点についてお話をしました。みなさん真剣に聞いていただきうれしかったです。
122


日本共産党 岡山県議