「豪雨災害と住まいの復興」に参加しました

日本住宅会議サマーセミナー

基調講演に「人間と災害の間合いを地球温暖化はどう変えるのか」と題して香川大学の気象学の専門家寺尾徹教授がされました。温暖化で大気中の水蒸気量を30%も増加させる。西日本豪雨災害は、温暖化の影響が大きかったことなどを学びました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です