お盆で、お墓参りに真備へ

義母と共に来ました。

田んぼの稲は元気です
河川改修と築堤も、すすんでいます。

ないのは、住民のくらしやコミュニティ。
でも、うちのお義父さんは、毎日、避難している仮住まいから真備に通い、テントをはったそのしたで、のんびりと田んぼをみながら、同じ境遇の方々と話をしているみたいです。

みんな真備に帰りたい。だけど、いろんな事情で帰れない。と義父は言います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です