人権問題研究集会がありました。

岡山県地域人権問題研究集会の分科会で、真備町の報告をしました。

私と共に、総社市下原の自主防災組織の活動ほうこくや高梁市の職員の報告があり、それぞれの立場でどう西日本豪雨災害に立ち向かったかがわかりとても参考になりました。
特に総社市の自治組織と自治体職員との顔の見える深い信頼関係で、避難生活の取り組みが自主的で有意義なものであったことがよくわかりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です