支援物資を仮設住宅へお届け 第4弾

日本共産党議員団の要望が届いて木造で作られた仮設住宅です。
新しい木の匂いがして、とてもいい感じです。
入所者からはやはり「狭い」「音が響く」などこえもありますが基本的に満足度が高いのでほんとに良かったと思います。

しかし私は不覚にも、物資を集会所に並べる作業の時に、ギックリ腰をやってしまいました
だからずっと棒立ちのまま、みなさんの話を聞きました。
被災者のかたが、私のためにシップを貼ってくれて、困った時はお互いですよと励ましてもらいました。
あったかい交流ができました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です