防災について考える

倉敷北後援会の皆さんと、防災について考えるつどいをおこないました。
田口明子市議と共に、真備町のことを中心に報告し、皆さんに意見をお聞きしました。
会場からは、「みなし仮設や仮設住宅は2年しかはいれないのは短いのでは?」「身近な避難場所をしっかり確保していかないとダメでは。」「生活再建の支援はどうなっているのか?」などの話がありました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です