応援団員 のすべての投稿

選挙戦最終日。力の限り訴えました。

選挙戦最終日は、水島からスタート。スーパーの前では30人を超える人たちが出迎えて演説を聞いていただきました。
11009952_748558678594474_8591250403203665289_n11102691_748558711927804_2951841929644583801_n11130137_748558691927806_9131041228566212306_n
午後からは児島へ。
11149323_765803503518686_1431692626104072350_n
演説会場ではここでも多くの方に出迎えていただきました。
どんどん広がる声援。期待の大きさを感じます。
最終盤は、地元早島へ。
「早島から、初の県議を送ってください」の訴えに多くの方の声援が。
19時15分からは早島事務所前で演説。私は地元のみなさんの熱い声援にこらえきれず涙ながらの演説になりました。11113354_748679898582352_4171778273689578009_n11102734_748679915249017_3429198699951410263_n
19時45分新田の事務所で打ち上げ。
最後まで皆さんに支えられて頑張ることが出来ました。本当にありがとうございました。
明日は投票箱の閉まるまで、棄権防止に頑張ります。11690_748691131914562_5483287116989160809_n


住民の声に耳を すます すます伸子

日本共産党地区委員会のブログで「住民の声に耳をすます、すます伸子」と紹介してくれました。
皆さんの願いをしっかり受け止め、声に耳を澄ませて、その声をまっすぐ県政に届けていきたいと思います。
10995821_986100111402592_1877142049650760814_n11110806_986100684735868_6353015270162014445_n
選挙戦8日目、降りしきる雨の中、早島町から出発しました。
眞鍋かずたか早島町議、赤坂てる子元県議らとともに、日本共産党の議席回復を訴えました。
雨の中、登校する子どもたちからの声援にこたえ、「子育て安心の社会実現を」と、力強く訴えました。
その後、田儀公夫市議とともに、旧倉敷、真備、玉島を回りました。玉島では大本前市議会議員が応援に駆け付けてくださいました。
10981354_748120678638274_8657969919186980396_n
いよいよ選挙カーでの訴えは明日の一日になりました。皆さんにしっかりと政策と決意を訴えて回りたいと思います。


旧倉敷地域で訴え。たくさんの声援をもらいました。

10606439_985757981436805_6230602133487521873_n11133845_985758024770134_5877061190286712112_n選挙戦7日目、倉敷駅前からスタートして、旧倉敷地域を回りました。どこでも暖かい声援を頂きました。酒津公園で演説をしていると、近くでお花見をされていたグループが、演説が終わった後拍手をしてくれました。思わず駆け寄って握手を求めると、ある男性は「私は、昨年の総選挙で初めて比例で共産党に入れました。今あなたの話を聞いてとても感動したので、必ずあなたに投票します。」と。他の方からも「頑張って応援しているよ」との言葉を頂きました。感謝感激です。
明日は雨模様ですがしっかり政策を訴えぬいて頑張ります。
10897847_985632078116062_7881084583220477753_n


真備、玉島、水島で訴え。

選挙戦6日目。今日は真備町からスタート。真備町は夫の生まれ育ったまちです。私は訴えの中で「真備町は夫の故郷であり、私の故郷です。真備町のみなさんの願いをまっすぐ県政に届けます」と話しました。
スーパー前で演説を聞いていた女性は「『須増』いうたら箭田のひとやな?私も箭田じゃからあんたに入れるわ」と言っていただきました。また、声をかけてきた男性は「今の自民党はおえん。共産党に期待しとるで」と固い握手をして下さいました。
いよいよ候補者カーでの訴えもあと3日。皆さんの期待に応えて、力のかぎり頑張ります。

6nitime


大平よしのぶ衆議院議員が応援に。

image選挙戦4日目。小雨降る一日でしたが、玉島、倉敷、水島地域を回りました。今日は、国会の忙しい中、昨年12月の総選挙で当選した大平よしのぶ衆議院議員が応援に来倉。3か所でご一緒に訴えました。
21議席に躍進した日本共産党の国会での奮闘ぶりや、今回の一斉地方選挙の躍進の大切さをわかりやく話されました。そして「すます伸子さんを何としても県議会へ」と力強く訴えていただきました。

午後からは水島入り。水島神社前では、約80人の方が迎えて下さっていました。私の元の職場の看護師さんも来ていてとても元気づけられました。寄せられる多くの期待に必ず応えて勝ち抜きます。
17428_746113222172353_7299292167216948324_n11133704_746113235505685_8216801397514105029_n


ラストサンデー早島、倉敷を回りました。

選挙戦唯一の日曜日。今日は地元の早島町と旧倉敷地域を訴えて回りました。早島町では、今日も党派を超えて「早島からすますさんを県議に」と、先導車、随行車に“すます伸子と早島を元気にする会”の皆さんが乗り込んでくださいました。
行く先々で「お~い、ちょっと出て来て、すますさんの訴えを聞いちゃってくれえ」とお友達の呼び込みまでしていただき感激です。
旧倉敷でも若いカップルなど、青年からの声援が多くあり嬉しかったです。
しっかりと政策を訴えて頑張ります。1509865_743339009097172_4462140254890505112_n


水島・玉島・真備を回りました。

選挙2日目です。
心配していた雨も降らず、今日は水島、玉島、真備地域を訴えて回りました。
水島では、約80人の方が集まってくださり元気がでました。
候補者カーで訴えていると、男性が家から飛び出してきて「安倍を倒せ!共産党頑張れ!」と力強い声援もありました。また、車の中から、家の中から手を振ってくださる人、家の前で待って下さっている人など、期待の大きさを実感します。
最後まで政策を訴えて頑張ります。
IMG_4059FullSizeRender (3)IMG_4071


安倍内閣の暴走ストップ。女性の目線で県政刷新!いよいよ県議選スタートしました。

4月12日投票の県議会議員選挙が告示されました。
私は、新田本部事務所、早島地元事務所でそれぞれ出発式を終え、街頭での訴えに出発しました。
多くの方々の声援を受け、何としても勝ち抜く決意です。安倍内閣の暴走許すな。共産党を除くオール与党の冷たい県政ストップ。倉敷早島からの共産党の議席奪還に全力をあげます。画像の最後に、私の訴えの全文を掲載します。ぜひお読みください。
20150403-DSC_695220150403-DSC_6849
DSC_7054
DSC_7043

すます伸子の第一声

日本共産党のすます伸子です。
みなさん、いよいよ県議選が始まりました。戦争立法、消費税の増税と社会保障の切り捨て、原発再稼働など、どれをとっても、命の重さを軽んじているとしかいえない安倍政権。この暴走をとめるチャンスがきました。
どうかわたし、日本共産党のすます伸子に皆様の大きなご支援をいただき、岡山から安倍政権の暴走ストップの声をあげていこうではありませんか。

とくに、今、戦争か平和かがとわれています。安倍首相は、あろうことかアメリカが起こすあらゆる戦争に自衛隊が参戦支援する「戦争立法」を今国会で提出しようとしています。これは、絶対に許すわけにはいきません。平和を願うすべての皆さんと共同し、戦争立法反対、九条守れと頑張ります。どうか平和への一票を私すます伸子を託してください。

また、みなさん、阿部政権は、庶民には消費税の増税と、社会保障の大幅切り捨てをしておきながら、大企業には減税と大軍拡をすすめる。まさに弱気をくじき、強気を助ける、格差を拡大しただけのアベコベミクスです。このままでは、私たちの暮らしも、中小業者の営業も、地域経済も壊されてしまいます。
庶民増税ストップ、社会保障の充実の願いを是非日本共産党のすます伸子に託してください。
 
また、安倍政権の大臣たちの違法な献金疑惑があきらかになっています。企業から大金を受け取り、税金を食い物にして私腹を肥やし、政治をゆがめる政治家たちを、許すわけにはいきません。日本共産党は、国政で躍進した力で、政党助成金廃止法案とさらに、企業団体献金禁止法案を国会に提出しました。金権腐敗政治の一掃を目指します。
日本共産党が大きくなれば政治を変えることができます。県政でもこの倉敷から(早島から)日本共産党の議席を回復させていただき、県政刷新必ずや進めさせていただきますようお願いいたします。

さて、みなさん、安倍政権の暴走が吹き荒れる中、県政は、どうあるべきでしょうか。私は、県民の命と暮らしを守る防波堤となる温かい県政をつくるために頑張りたいと思います。
 しかし、みなさん、今の岡山県政は、全国の中でも県民の冷たい県政といわざるを得ません。チボリからはじまり、吉備高原都市、苫田ダムなど住民の反対を押し切り無駄遣いを繰り返してきました。その結果、財政難に陥り、あろうことか、障がい者の医療費補助が全国で最下位、社会福祉費40位、児童福祉費44位。無駄遣いの付けを弱者に強いる、あってはならないことです。
私は、これ以上岡山県が無駄遣いをしないように全力を挙げます。とくに、岡山県が費用対効果が低く無駄遣いだと認めている倉敷駅鉄道高架事業の計画をきっぱり中止をもとめます。

そして、県民に温かい県政への転換を進めます。とくに、四つのことを訴えます。

まずは、防災対策の強化を進めます。
わたしは、東日本大震災のボランティア活動を続けてきました。現地での体験は壮絶なものでしたが、その経験も生かして、地域の医療・福祉のネットワークの強化、自治体の体制強化を求めていきます。水島コンビナート防災強化に全力を挙げます。

二つめには、子育て支援に全力を挙げます。
特に、子どもの医療費を県の制度で年齢拡大を進めよと頑張ります。
 この4月から、署名活動と日本共産党市議団の奮闘で、倉敷市は、入院のみ、中学校卒業まで無料化が実現できました。本当に良かったと思います。
ただ、岡山県が倉敷市にだけ補助金を二分の一出すべきなのに、6分の1しかだしていない少なくしているために、けんかでももっとも遅れた水準にとどまっています。私は、倉敷市でも中学校卒業まで無料化の拡大を進めるために、県の補助を他市町村並みに戻せと頑張ります。

三つ目には、教育です。
いま、子ども巡り、悲惨な事件が続いて状況は深刻です。岡山県が財政難を理由に先生を減らし全国でも非正規の先生の比率が高い状況にあります。わたしは、先生か子どもと向き合う時間を増やせるように、正規の先生を増やし、少人数学級を進め、「わかる授業、楽しい学校」をつくるために全力を挙げます。

四つ目には、ブラック企業の根絶めざし、若者の雇用をふやせと頑張ります。
若者を使い捨てにする労働破壊を許しません。人間らしく働ける雇用のルールを作れと頑張ります。中小企業を支援し最低賃金引き上げと雇用を増やせと頑張ります。

もともと、わたしは、看護師をしていました。医療や介護の現場の声を、患者さんや家族の声を、政治に届けたいというのが原点となっています。
そして、これまで、声を出せずに苦しんでいる方々からいくつも相談を受け聞いてきました。私の仕事は、障害者や高齢者のみなさん、子育て世代のお母さん、弱者の声を政治に届け、庶民に光が当たる政治に変えていくことだと思います。女性として、母として、庶民の目線で温かい県政に変えていきたいと思います。どうかどうか、私に、この仕事をさせてください。今度こそ頑張らせてください。
平和と暮らしを守る選挙、選挙戦は激戦です。日本共産党のすます伸子の声を広げていただきますよう、心よりお願いいたします。