すます伸子 のすべての投稿

秘密保護法を廃止に、倉敷駅前で街頭宣伝

IMG_0433a

日本共産党の新春の街頭演説。
「安倍政権の暴走にストップをかけ、国民との共同で政治を変える日本共産党です。」
と倉敷市駅頭で、宣伝しました。署名をしてくれた男性は「わしは、共産党をずっと応援している。頑張ってほしい」と激励してくださいました。また、女性の方は「安倍内閣がやってる事はとても怖い。秘密保護法も廃止にしてください」と話していました。
また、カンパを寄せて下さる方もいてとても元気のでる街頭演説になりました。IMG_0486


山口へ帰省

CIMG2006

CIMG2027

CIMG2033

お正月は、山口の実家へ帰省しました。
山口市の谷あいの農家で、両親がのんびりと棚田で稲作をしてくらしています。
 猟犬のコロとの散歩が日課で、私もついて行きました。山中を歩くのがとても気持ちよかったです。(写真)


新春のおよろこびを申し上げます。

四回目の年女、午年が来ました。
これまでの12年間をどう生きたか、年女の機会に、思い起こしてみました。

ちょうど12年前の36歳のころは、早島町議として二期目に入りなんとか早島町になじんできたころだったでしょうか。合併に反対し、早島町の自立をめざして共同を広げたたかっていたころでした。早島町議として最後の三期目は、暴君町長の独裁政治に対抗し必死でした。真鍋町議へ引き継いだ後も、町長リコール運動などをたたかい、反独裁町政の一致点で町長選挙をたたかい勝利しました。早島町での町民が主人公の数々の運動は、私にとって「共同」とは何かを学ばさせてくれるかけがえのないものでした。
また、私自身は、2011年の県議選に出馬し、共倒れという苦い失敗をしました。現有議席さえ守れなかったこと、倉敷、早島区の伝統あるかけがえのない党の議席を失ったこと、申し訳なく、心に重たい石を抱えているような心持でした。
そんな時、東日本大震災が起こったときでもあり、岩手県の山田町や宮古市、福島県のいわき市などへのボランティア活動など体験をしました。こんなことあっていいのかという激しいショックをうけ、何もできなかったけど、被災地の深い悲しみと被害の現実を見ました。そして、住民の心をつなぐ現地の日本共産党議員の姿に、私が励まされ勇気と感動をいただいたことなど、「情けはひとのためならず」とはよく言ったもので私が元気をいただきました。
この間の12年間は、早島町での活動、県議選での失敗、被災地での体験など、なかなか早々あるものではない貴重な時を過ごしてきたなと思います。
とにかく、「どんな仕事も遊びも、全力で」をモットーにこれからもがんばっていきたいと思います。


高校生ゼミナール

1482959_517610308336581_1241029176_n

高校生ゼミナールに参加しました。私は、「高校生にも関係あるあるTPP」と題した学習会の講師をしました。介護の現場の先輩から「介護という仕事のやりがいや、その道に進もうと思ったきっかけ」などを話してもらい進路に悩みに応えるコーナーもありました。後半は、会場をお借りした、元倉敷市議の小山ひろみちさんの開催されている「みんなの広場」で、小山さんの耕作した手作り小麦を使って手作りピザと手打ちうどんづくりを、体験し食べました。「小麦の味がしっかりしてとてもおいしい」と高校生も喜び、みんなとてもよい体験ができました。